カテゴリ:電子辞書 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

電子辞書DAYFILERでYouTubeを観る

セイコーインスツル(SII)社から先月発売の Android電子辞書 DAYFILER には WiFi 機能があり、ブラウザも最初から入っています。
Web上で誰かが「DAYFILER で YouTube 動画を観られない」と思っているようなことを書いていらしたのですが、YouTube 動画、観られますよ。再生しようとすると画面が真っ暗で、音声だけが再生される。けれど、下の4つ目の図に示したアイコン(たぶん全画面表示アイコン)をクリックすると 動画の映像も表示できることがわかりました。

デイファイラー DF-X9000を使って、最初から順に 操作を説明しましょう。
その前に、まず無線LANの設定をしておいてください。[メニュー]キー → [ツール] → [設定] → [システム設定] で、 [無線LAN] を ON にし、→ [無線LAN] をタップ → 接続可能なアクセスポイントが表示されたらネットワーク名を選択してSSIDを入力。ここで、SSIDを入力するときに、英文字と数字の入力方法を知っている必要がありますね。以下のとおりです。

英数漢字などの文字入力モード切り替え

DayF_CharInput.png
(DF-X9000, DF-X8000 の取扱説明書 p.82より)



さて、無線接続できたら、やっとYouTubeにアクセスです。DAYFILER の メニュー から [ツール] → [役立つツール] を選択 → [ブラウザ] をタップしてブラウザを起動。そして、ブラウザの左上隅の「三」みたいな形のメニューアイコンをタップすると、画面左側に次のようなメニューが出てきます]。
Screenshot20130213-1.png

ちなみに、このスクリーンショットの撮り方は、「にゃののん日記」ブログのこの記事で知りました。DAYFILERについていろいろ詳しく書いてあります。にゃののん さん、ありがとうございます。
スクリーンショットを撮るときの電源ボタンと音量小ボタンの同時押しは、Android 初使用の私には難しかったです。音量ダイヤルの突起部分に指をかけてを手前にちょいと引く操作が、空振りになってしまうことがあるし、電源ボタンか音量小のどっちかが先になってしまうとそのボタン機能が働いてしまう。同時にうまく押せると「カシャッ」という鋭い電子音が出て、スクリーンショットが撮れます。撮れた画像は、メニューの ツール → ファイル管理 → ファイル管理 → 本体の Pictures フォルダ → Screenshots フォルダ に入っています。

Screenshot20130213-2.png

このように YouTube で動画ページを表示して、そのまま プレイ ボタンを押すと…

映像は映りません。音だけです。でも、それで表示できないと思わないでください。

ページを指で下から上へちょっいとスライドさせて、下図のようなアイコン(全画面表示アイコン)を表示し、それを指でタップしてみてください。
Screenshot20130213-3.png

すると、音だけでなく映像も再生されます。

Screenshot20130213-4.jpg

なお、動画の下のほうに表示される 再生/一時停止ボタン、再生位置スライダーなどは、数秒で自動的に消えますけど、画面のそのあたりを指でタップすれば また表示されます。

動画のフルスクリーン モードからは、[戻る] キーで戻ればいいようです。

ほかにも、YouTubeを観るための方法が何かあるのかもしれませんが、とりあえず、現時点でわかった方法のみ、ここでご紹介しました。
スポンサーサイト
Comment (-)

電子辞書DAYFILER

本格派の電子辞書として定評の高いセイコーインスツル製辞書ですが、そのセイコーインスツル(SII)から、1月26日に新シリーズ DAYFILER が発売されました。カラータッチパネル、WiFi通信、手書き認識、ブラウザによるネット検索機能などが搭載されています。前シリーズから好評の、電子辞書をパソコンにUSB接続してパソコン画面から辞書検索できる PASORAMA 機能も、この DAYFILER にはあります。そういった機能だけでも便利そうですが、DAYFILER は OS が Android であり、Android 機としても活用できるようです。

機能が大幅にアップしたので、その分、前シリーズより本体 重量がちょっと増えました。特にバッテリーが大きくなったかな。
新シリーズ DAYFILER の DF-X9000 と、少し前から発売されている現行機種 SR-G9003NH3 の外観を、写真で比べてみましょう(なお、下の写真は実は現行機種 SR-G9003NH3 と外観が全く同じSR-G9003です)。閉じたときの縦横サイズはほとんど変わりません。厚み(高さ)が増しました。ちょうつがい部分が太くなっていて、そこにバッテリーが格納されています。


blog1-P1020543.jpg
SII電子辞書 左:SR-G9003NH3,  右:DAYFILER の DF-X9000

blog2-P1020534.jpg
↑両機種の QWERTYキー部分の位置を 揃えるように並べてみました。

blog3b-P1020541.jpg

blog4-P1020538.jpg
SII電子辞書 左:SR-G9003NH3,  右:DAYFILER の DF-X9000

製品に付属の「PASORAMAインストールガイド」に従って、DF-X9000をパソコンにUSB接続して PASORAMA ソフトをインストールしました。これで、パソコンのPASORAMAアプリケーションからDF-X9000を検索できるようになるのですが ...うまく接続できません。辞書の電源ONとUSB接続のタイミングなのか?それともリセットボタンを押す必要が?…と思ったがやってみてもダメ。結局、Pasorama用のデバイスドライバをインストールしたらうまく行きました。やり方は、SIIの公式ページ「ドライバの再インストール」に説明があります。

さて、次は microSDHCカードを装着 ...ところがカードスロットのカバーが固めで簡単に動かない。開け方の説明が見あたらなかったので、力を入れる向きがもしも間違っていたら壊してしまう、とおそるおそるやっていたせいでした。思い切ってグッとやったら開きました。
blog5-P1020533.jpg
 DF-X9000 の microSDカードスロットのカバーをスライドさせたところ

カバーを押さえつけるようにしながら外側へスライドさせてから、
写真のようにちょっと飛び出した部分をパカッと引っ張りあげて開けます。

PCに接続すると下図のように DAYFILER 内の一部はリムーバブルドライブとして表示され(下の図では I ドライブ。この中にPASORAMAインストールファイルが入っている)、それとは別に DAYFILER の内部ストレージとSDカードも表示されます。
DF-X9000_SD.png

次の記事では、デイファイラー で YouTube 動画を観る方法について書いています。
Comment (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。